未来への羅針盤プロジェクト
本文へジャンプ
イメージ
理想の未来を創るため
1000年後の自分に遺したい
本物を選ぶ。

理想の未来を今創る


みなさん、こんにちは。
未来への羅針盤プロジェクト代表の藤原直哉です。

いよいよ本格的な21世紀社会の扉が開き始めました。
21世紀は今までの人類の歴史にない非常に大きな
飛躍を人類も地球全体も体験する、とても大事なとき
です。こういうときにあたって、本当に未来を指し示す
灯台となる人たちが集まって、21世紀の羅針盤となる
ことは、とても貴重なことだと思います。

21世紀は単に頭だけで生きることができる時代では
ありません。明るく温かく、その人の人格そのものが
優れていないと、楽しい生活も仕事もできない時代です。
だからこそ、我々は日々の苦労の中でよく努力して、
反省して、明るく温かいすばらしい人間に成長して
いかなければなりません。そうした日々の成長そのもが
21世紀を生きることの楽しみそのものであると
言っても過言ではないでしょう。

このプロジェクトに集う多くのすばらしい人たちの声やに
触れていただき、少しでも21世紀というすばらしい時代の
息吹を感じていただけたら幸いです。
                 藤原直哉 拝



未来への羅針盤プロジェクト推進本部
一般社団法人森羅万象委員会

Email info@rasinbann.com